書くためのあれこれ

ハード

ここ数年はMacBook Airを使っている。
Macintosh SEの頃からずーっとMac使い。

ソフト

以前は創作系の書き物はegwordを使って管理していた。今はもうサポートも終了になっているが、ルビ付き縦書きのできる稀なワープロだった。

『Ars Magika アルス・マギカ』をオンラインで発表することにしてからScrivenerに切り替えたが、ワープロとはまったく別次元の「物書き」のために徹底的に作り込まれた機能性に感嘆。以来、これ以外での執筆は考えられない。

 

場所

自宅、旅行先、カフェ……雑踏の背景音は気にならない。

ワシントンDCで働いていた頃、よくダウンタウンの地下のフードコートで書き物をした。近隣のビルで働くぱりっとしたスーツ姿の官僚や政治スタッフと、あらゆる国からの出稼ぎ移民が渾然と空間を共有するあの雑踏。今でもとても懐かしい。

あの頃は仕事の合間に時間を盗んで、『アルス・マギカ』の前身になるSF小説を書いていた。

 

時間

自宅にいる時はやっぱり真夜中。12時を過ぎた頃からギアが入る。

 

必需品

インターネット  推敲の段階で、あいまいな知識や事実関係は必ず確認。

お茶  紅茶をミルクティーで。愛用はHOJOの英徳と紅玉。

 

執筆中に聞くもの

音楽は感情体に響き、書いているものに影響するので、書き進めている時の背景音には、音楽ではなく、好きなレクチャーやオルタナティブ・メディアのインタビュー類を流していることが多い。

ちょっと前まではテレンス・マッケンナ。

推敲時は物語のイメージに集中するため完全に無音。

 

好きな音楽

ブリティッシュ・ロック

ルネサンスからバロック期の音楽

シュヴァイツァー博士の演奏するバッハのCDは宝物

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中