『ハリー・ポッター』、魔法と魔術

正月、小学生の姪っ子にせがまれて、ハリー・ポッターの映画を見につれていった。

私にとっては、映画は基本的に国際線の飛行機の中で見るもので、自分では、よほど見たいものでなければ映画館には出向かない。ハリー・ポッターの前作も全部、飛行機の中で見た(笑)。

(ちなみに最後に映画館で見たのは『指輪物語』。)

「ハリー・ポッターは映画より本の方がいい」と言っていた姪も、この4作目は「面白かった」と満足げだった。

私は小説の方は読んでないが、現代っ子をこういう物語形式の「思想」に触れさせておくのは、悪くないと思った。

映画から見る限り、ポッターのシリーズは、魔術の道程の基本を一応押さえている。

・知性を磨き、意志の力を鍛え、豊かな感情生活を送ることの大切さ
・真に優れた魔術師は、勇気と高潔な人格を備えていること
・魂のイニシエーションには、火の要素と水の要素が関わること(アルケミーの原理)

……など。

ある意味すごいと思ったのは、人間の魂の深い部分の暗闇に触れる内容を、エンターテインメントな読み物の一部として「子供向け」の物語の中に含めてしまっている点だ。

惜しまれるのは、描写の中で、魔法(魔女術、witchcraft)と魔術(magic)がごっちゃにされて、実際に魔術の道程を歩みたいと思う人に誤解や混乱を招きそうな点か。

魔法とは、呪文や秘密の儀式などを使って外の世界やまわりの人間をコントロールし、自分の欲しいものを手に入れる方法。

魔術とは、外の世界を鏡として自己の内面を変容させ、その結果として外の世界に対する制御力を身につける道程。

魔術(magic)の語源はラテン語の「magus(単数) magi(複数)」で、magusは「賢者」のこと。つまり、それは本来、賢者になるための修行の階梯だ。

いずれにせよ『ハリー・ポッター』シリーズは、現実とまったく関係のない単なる空想物語でもなく、また文字通りの魔法や魔術の道程の記述でもない。魔法と魔術の道程の知識をベースに書き上げられた、象徴としての物語である。

(2006年1月24日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中