「アルス・マギカ」から、マリー。

 色塗り途中だけど、いい感じ。

 やっぱりドレスのヒダは描いてて楽しい。

 Clip Studio Paintの色混ぜツールの使い心地が「何かに似てる」と思っていたが、木炭デッサンで使うブレンダーだった。

 自分にとって21世紀の最もありがたい発明は、Appleペンシルとペーパーライクフィルターの組み合わせ。

 「アルス・マギカ」から、テロン。

 ルシアスの絵もそうだけど、あまりぎっちり塗らずにこれぐらいの緩さの方が好み。

 イメージを絵に落とす作業をしていると、それはそれで発見があって面白い。目の色が思っていたのと違ってたりする。

 今度こそ、よい感じでイメージを落とせた。ちょっと若いけど、雰囲気はこれ。「アルス・マギカ」から、ルシアス。

 色塗りと描線の作業中。

 

 「独立州クロニクル」最重要キャラクターのイメージ作画、後半で出てくるのがもうちょっといるんだけど、とりあえずこれで一区切りにする。

 がしがし描いているうちに、なんとなくスタイルも定まってきた。

 まだ最重要キャラクター全部でないけど、かなり揃ってきた。

 しかしイメージに忠実に合わせようとすると、頭身がキャラクターによって8頭身では足りない。

 解剖学的な妥当性と、イメージに合わせるためにそれを無視した絵の伸びやかさ、かっこよさのバランスか。