背景の練習(雲と枝ブラシの試し描き)。

 最初、人物に背景が透けて見えてしまうという謎の状況で、いろいろ調べた揚げ句、自分のはアニメ絵のような不透明度100パーセントの塗りでなく、透明水彩で半透明の塗りを重ねて描いているのが問題と判明。

 それで背景と人物の間にレイヤーをかませ、人物の後ろに100パーセントの白塗りを入れて、背景の透過を防がないといけないことを学んだ。

 Clip Studio Paintは便利な分、学ばなければいけないルールも多い。それはそれで楽しいのだけど。

 さて水星の逆行も終わるので、そろそろ決めたり、動かし始めないといけないこともある。

種子は根を伸ばす」「地は温まる」を公開しました。

錬金術師の庭」の章はあと1つで区切り。

ちょっと絵を描き足してから、「火と風」の章に入っていきます。

「アルス・マギカ」の骨格は教養小説なんだけど、それをできるだけ表立って見せないようにするのが、工夫のしどころになっている。

「アルス・マギカ」から、マリー。

 色塗り途中だけど、いい感じ。

 やっぱりドレスのヒダは描いてて楽しい。

 Clip Studio Paintの色混ぜツールの使い心地が「何かに似てる」と思っていたが、木炭デッサンで使うブレンダーだった。

 自分にとって21世紀の最もありがたい発明は、Appleペンシルとペーパーライクフィルターの組み合わせ。

 「アルス・マギカ」から、テロン。

 ルシアスの絵もそうだけど、あまりぎっちり塗らずにこれぐらいの緩さの方が好み。

 イメージを絵に落とす作業をしていると、それはそれで発見があって面白い。目の色が思っていたのと違ってたりする。

 今度こそ、よい感じでイメージを落とせた。ちょっと若いけど、雰囲気はこれ。「アルス・マギカ」から、ルシアス。

 色塗りと描線の作業中。